FACTORY TOUR

04

歪み調整

ブレードの歪みを調整し、基材を揃えることで、あと工程の機械研磨などを可能にします。鋼材や工程に合わせて、様々な方法で歪みを調整します。

factory_067.jpg
factory_068.jpg
factory_070.jpg

 Work Process 一覧 へ

factory_004.jpg
factory_005.jpg

研磨する前段階でもレベラーにかけて、歪みを調整します。

​歪みを調整することで、研磨の精度や効率が上がります。

皮たち包丁は、ソフトハンマーで叩き、少しづつ歪みを調整していきます。ブレードの用途や特性に合わせて、微妙に円弧状に調整するなど、ユーザーに渡ってからの再研磨時にも配慮した工夫がなされています。

ゲージを当て隙間を確認しなら、ブレードの微妙な歪みを調整します。

05 機械研磨へ