SPECIALIST

06

歪み調整

ソフトハンマーで叩き、少しづつ歪みを調整していきます。
ブレードの用途や特性に合わせて、微妙に円弧状に調整するなど、ユーザーに渡ってからの再研磨時にも配慮した工夫がなされています。

スペシャリスト一覧へ

ケージを当て隙間を確認しなら、ブレードの微妙な歪みを調整します。

研磨する前段階でもリベーラーにかけて、歪みを調整します。

​歪みを調整することで、研磨の精度や効率が上がります。

07 ハンドル取り付けのスペシャリストへ