SPECIALIST

    05

    水砥石研磨

    機械研削から引き継ぎ、人の目と手の感覚により更に研磨を進めます。この工程のロボットによる自動化を90年代に自社開発し、量産化にも成功しましたが、現在は、更に高級鋼材製品の生産が主流となり、デリケート且つ個体差のある鋼材に、柔軟に対応できる職人の感覚で、より高いレベルの完成度を目指しています。自動化も重要ですが、職人の優れた技術は穂岐山刃物の宝です。

    水砥石研磨のチーフ(鋼の研ぎ出し手加工)

    水砥石研磨のスペシャリスト

    スペシャリスト一覧へ

    平面研削のスペシャリスト

    「曇らし」という手仕事によるブレードに表情をつけ、鋼の境界線を際立たせる作業。

    06 歪み調整のスペシャリストへ