左近は、土佐打刃物の始祖・吉光の父とされる江戸期の名工、藤四郎の通称に因んで命名された、穂岐山の幅広い商品群の中核をなす包丁シリーズです。 日本刀から受け継ぐ技に現代の技術や素材を応用し、 高い実用性と切れ味を追求する。 鎌倉時代から進化を続けてきた土佐打刃物の現代の姿。 主な使用素材はステンレス、ハイス鋼、ダイス鋼、ダマスカス鋼(皮鉄)で、錆びにくく、鋭い切れ味と耐久性を重視した設計。ハードなプロユースから家庭用まで幅広い需要に対応します。

     

    The SAKON Supremacy

    粉末ハイス鋼を使った左近龍雅をベースに、装飾性を加えたプレミアム・シリーズ

    65層ニッケル・ダマスカスブレードモデルや、竹集成材の鞘、モザイク・ピン、手彫り彫刻等を施した贅沢な特別仕様製品群。

    粉末ハイス鋼65層ニッケルダマスカス

    SAKON Ryuga Damask 65-Layers (Powder metal core / Nickel-Stainless Damascus Blade)

    PETTY / ペティ 135mm

    SANTOKU / 三徳 180mm

    CHEF’S KNIFE / 牛刀 210mm

    SANTOKU Octagon Bamboo handle model / 三徳和包丁 165mm   竹製鞘・八角柄

     

    左近龍雅  粉末高速度鋼(ハイス鋼)/本割込シリーズ

    和包丁に匹敵する研ぎやすさと靭性を与えるために、極軟質ステンレスSUS405の中心にSRS15粉末鋼が割込複合されています。鋭く研ぎ上げられたSRS15は、シルキータッチと評されるスムーズな切れ味をお約束します。

    粉末高速度鋼SRS15と「粉末冶金法」

    刃物材料として使用される鋼は、高い硬度と切れ味、靭性、すべてが要求されます。その特性を得るためには、タングステン、モリブデン、ヴァナジウム等の合金元素が添加されます。従来の冶金法では、これらの元素含有率が高いほど鋼の組織は粗くなり、刃物鋼としての条件を充分に満たす事は困難でした。この点を克服し、これらの元素を充分に含有し、鋼を微粒子粉末のまま固める画期的な「粉末冶金法」が開発されました。SRS15はこの粉末冶金法を用い、耐錆性を考慮しクロム元素を更に加え、包丁専用に開発されたものです。その均一微細な組織はHRC64という高硬度でありながら、強靭で刃こぼれに強い特性を併せ持っています。

     

    左近龍雅 粉末高速度(ハイス)鋼ブレード

    鋼材開発以来、プロの圧倒的支持を集める粉末ハイス鋼を採用した至高の和庖丁。粉末鋼SRS15にSUS405を重ねた2層構造クラッド材を刺身包丁専用に圧延しました。(粉末冶金法については裏面SRS15解説を参照ください) 超高硬度HRC64でありながら、研ぎ易い特性を併せ持っています。伝統工芸師による格調高い本霞仕上ブレード。

    スペシャル・オーダー仕様(手彫り彫刻)

    土佐の彫刻職人による手彫り彫刻入りブレードをオプション制作いたします。特別注文にて承りますので、販売店もしくは当社に直接ご相談ください。

    新開発・国産竹集成材ハンドル

    最高峰ラグジュアリー・カーのステアリングハンドルに使用されている国産竹の集成材を包丁柄として採用しました。樹脂を含浸させる特殊加工工程を加え、強い耐水性、防腐性を与えています。伝統的八角形スタイルをベースに、手に馴染み、しっかりグリップできるよう先端を強く面取り加工しています。トップシェフに相応しい優雅なモザイクピンで装飾された美しいフォルムで使い手を魅了します。

     

    ステンレス・ダマスカス

    murakumo_damascus.jpg

    左近叢雲  ステンレス・ダマスカスシリーズ

    全73層に及ぶダマスカス紋様は、ニッケル・クロム含有量に富んだSUS304ステンレスとSUS410という2種のステンレスを交互に入念に鍛造した際に出来上がるものです。その深いグレーと銀色を帯びた輝きをもって使い手を魅了します。

    芯材にはSKD11合金工具鋼を採用、この両側に36層もの鍛造された多層部分を重ねています。SKD11は、金属加工金型にも多用される極めて耐摩耗性に優れる合金工具鋼であり、安来鋼青紙クラスの1.6%という高炭素含有率を誇ります。焼き戻し後HRC62-63の高硬度に仕上げられたブレードは、切れ味の保持力に優れるだけでなく、強い耐衝撃性を併せ持っています。

    ハンドル 仕様 / カラーバリエーション

    ハンドル材にパッカーウッドを採用することにより、耐水性にも優れ、ステンレス鍔とリベット3点止めによる本通しと呼ばれるハンドル構造は、抜群の耐食性を持ち、高強度な仕上がりとなっています。

     

    ステンレス本割込・槌目

    murakumo_tsuchime.jpg

    左近叢雲  ステンレス本割込・槌目シリーズ

    シリーズ名「叢雲」は神話伝説の天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)をイメージし、そのブレード表面の独特な槌目模様は文字通り群雲を想起させます。 シノギ線の下部、鋼との境界部分は希少な石粉を使用した伝統的な「クモラシ」法で仕上られています。

    切れ味と研ぎ易さを与えるため、本割込み構造となっています。高炭素モリブデン鋼AUS8を芯に、極軟質ステンレスSUS405地鉄の3層ブレード。共に14.5%のクロム含有鋼材のため、極めて高い耐食性を誇り、焼き戻し後HRC60の高硬度に仕上げられたAUS8ブレードは、切れ味の保持力に優れています。

    ハンドル 仕様 / カラーバリエーション

    ハンドル材にパッカーウッドを採用することにより、耐水性にも優れ、ステンレス鍔とリベット3点止めによる本通しと呼ばれるハンドル構造は、抜群の耐食性を持ち、高強度な仕上がりとなっています。

     

    小出刃&貝サキ Kodeba&Kaisaki

    小魚の背開きや、三枚おろしに。特に貝サキは小型柳刃として 貝刺しなどの小細工に最適

    105mm 153300

    120mm 153301

    小出刃

    貝さき

    120mm 153400

    出刃 Deba

    魚や鳥のおろし、背開き、ウロコ取り、骨の処理などに使用。

    120mm 153302

    135mm 153500

    150mm 153501 

    165mm 153502

    180mm 153503 

    210mm 153505 

    出刃

    薄刃 Usuba

    関東型野菜切り。ムキモノ、刻み、千切り、かつらむきなどに使用。

    165mm 153601

    180mm 153602

    210mm 153604

    ​薄刃

    柳刃 Yanagiba

    刺身包丁の総称であり、関西では正夫(しょうぶ)ともいう。

    180mm 153101 

    210mm 153102

    240mm 153103

    270mm 153104

    300mm 153105

    ​柳刃

    印は左利き用がございます。

    ステンレス複合材片刃鍛造包丁

    “さびにくい”“切れ味の良い”“研ぎやすい”理想のパフォーマンスを追求し、1982年にオリジナルモデルが開発されました。古典的なスタイルを保持しながら耐蝕性が加わり、和包丁の「新しい伝統」として業界に先駆けて発表された左近白梅。以来4半世紀を経過し、今や和食厨房に欠かせないツールとして支持を集め続けています。 オリジナル・コレクションは、ウェンジ天然木グリップを使用しています。

    研ぎやすい2層構造

    安定した切れ味を持続させるAUS8モリブデン・ヴァナジウム鋼に極軟質ステンレスSUS405地金が接合され、研ぎやすさと靭性を与えています。 共に、14.5%のクロム含有鋼材のため、きわめて高い耐蝕性を誇ります。

     
    sakon shiraume NT

    小出刃&貝サキ Kodeba&Kaisaki

    小魚の背開きや、三枚おろしに。特に貝サキは小型柳刃として 貝刺しなどの小細工に最適

    105mmNT 153310

    120mmNT 153311

    小出刃

    貝さき

    120mmNT 153410

    出刃 Deba

    魚や鳥のおろし、背開き、ウロコ取り、骨の処理などに使用。

    150mmNT 153511

    165mmNT 153512

    180mmNT 153513

    出刃

    柳刃 Yanagiba

    刺身包丁の総称であり、関西では正夫(しょうぶ)ともいう。

    240mmNT 153113

    270mmNT 153114

    300mmNT 153115

    ​柳刃

    NTシリーズに新採用の抗菌エラストマーグリップ

    伝統的和包丁八角グリップのフォルムのまま樹脂化。 PP材を芯に、エラストマーを巻くインサート成型により、口元よりの水分、雑菌の浸入を防止。熱湯殺菌にも対応(耐熱温度100℃)更に無機銀系抗菌剤アパサイダーを配合し、衛生管理面でプロの調理場の要望にお応えしました。

    研ぎやすい2層構造

    安定した切れ味を持続させるAUS8モリブデン・ヴァナジウム鋼に極軟質ステンレスSUS405地金が接合され、研ぎやすさと靭性を与えています。 共に、14.5%のクロム含有鋼材のため、きわめて高い耐蝕性を誇ります。

     
    siraume_ryoba.jpg

    小包丁 Kobocho

    小魚の処理、野菜、果物にも使える和式小型包丁の定番。

    NTシリーズ

    105mm 154410

    オリジナル

    105mm 154400

    舟行 Funayuki

    三徳より切っ先の尖った万能包丁、魚の処理に最適。

    NTシリーズ

    165mm 154310

    オリジナル

    150mm 154700

    165mm 154300

    三徳 Santoku

    魚・肉・野菜用万能包丁。    

    NTシリーズ

    165mm 154110

    オリジナル

    165mm 154100

    菜切 Nakiri

    野菜用、刻み、乱切り用。

    NTシリーズ

    165mm 154210

    オリジナル

    165mm 154200

    ステンレス複合材両刃鍛造包丁

    “さびにくい”“切れ味の良い”“研ぎやすい”理想のパフォーマンスを追求し、中小企業庁長官賞を受賞した「白梅」シリーズの後継モデルとして開発されました。和包丁としての古典的なスタイルを保持しながら耐蝕性を加え、「新しい伝統」の姿を提示しました。 オリジナルコレクション(朴材天然木グリップモデル)に加え、HACCP対応など衛生面を強化した樹脂製八角グリップを持つNTシリーズが登場しました。

    NTシリーズに新採用の抗菌エラストマーグリップ

    伝統的和包丁八角グリップのフォルムのまま樹脂化。 PP材を芯に、エラストマーを巻くインサート成型により、口元よりの水分、雑菌の浸入を防止。熱湯殺菌にも対応(耐熱温度100℃)更に無機銀系抗菌剤アパサイダーを配合し、衛生管理面でプロの調理場の要望にお応えしました。

    研ぎやすい本割込

    切れ味と研ぎ易さを与える ため、伝統的な本割込み構造となっています。高炭素モリブデン鋼AUS8を芯に極軟質ステンレスSUS405地金の 3層ブレード。 共に、14.5%のクロム含有鋼材のため、きわめて高い耐蝕性を誇ります。

     

    Hokiyama Brand