穂岐山刃物会社概要

会社概要

創造

500年の歴史のなかで培われた鍛造技術とスピリッツ

土佐刃物は日本刀鍛治を起源とする伝統産業として500年の歴史を持っています。

継承された鍛造、熱処理技術に生み出された製品は優れた刃物として要求される条件を満たし、すばらしい切れ味と耐久性をお約束します。

伝統産業

2007年には「土佐打刃物」が地域ブランドとして、特許庁より承認されました。

当社は1919年に創業し、私共の中軸技術である鍛造製法を背景にさまざまな刃物を、80年以上の歴史の中で創造してきました。

金属加工技術の研究とステンレス鋼材、複合鋼材処理ノウハウの蓄積の一方、新素材へのたゆまぬ努力と挑戦が80年代半ばにセラミック包丁を生みだし、欧州を中心に各国に輸出されるロングセラーとなっています。

多種多様な金属製刃物はもちろんのこと、セラミック素材まで対応可能な日本でも数少ない刃物総合メーカーとして、国内外からもその技術力および品質が高い評価を受けています。

工場

一貫した生産システムと独自の開発テクノロジー

当社は包丁、ナイフ、鎌、鉈、鍬、鋏、セラミック包丁、機械部品刃物等さまざまな製品を生産しています。

テクノロジー

これら幅広い製品群の製造加工工程を合理化、自動化するために、自社開発の専用機が各工程(鍛造・プレス・熱処理・仕上)において導入されています。

70年代中期にはロール鍛造技術の開発に成功。高級鍛造刃物製品に欠かせない中核技術として生産をささえています。

刃付工程においても、いち早くロボット化を導入するなど、これまで熟練工の勘と経験にたよってきた最終工程に標準化均一化をもたらし、刃付けロボットは高知県地場産業大賞を受賞いたしました。

2000年には本社工場を増床し400トン-プレス設備を導入、培われてきたロール鍛造に加え型打鍛造を組み合わせた複合技術にて超高張力特殊鋼の加工に成功。

この技術の応用商品として2002年よりゴルフクラブメーカーと共同開発したドライバフェースの製造を開始しました。

飛距離を約束する安定した特性と品質を供給し続け、刃物以外の産業にも貢献しています。

今後も、鍛造のスペシャリストとして、より幅広い製品群の創造を目指しています。

市場

プラントエンジニアリングと海外生産で国際マーケットへ

当社は刃物を製造するだけでなく、アジアの刃物産業に対しても力を注いできました。

プラント事業部は、豊富な金属加工技術に裏打ちされた経験、長年にわたる各種鋼材の海外供給実績をふまえ、アジアの国々に刃物プラントおよび技術ノウハウの輸出を行ってきました。

1994年には中国工場も操業を開始。現在、日本をはじめ、海外マーケット向けの生産がなされています。

“ユーザーの視点からの創造と革新で価値を生みだす事業活動”を理念として、確かな技術力と市場を見据えたビジョンで商品創造に取り組み、お客様のニーズにお応えしていきます。

会社概要

創業 1919年(大正8年)
設立 1957年(昭和32年)
資本金 3,500万円
代表者 穂岐山 信介
取引銀行
営業品目
四国銀行 山田支店・高知銀行 山田支店
包丁、農業用刃物、林業用刃物、機械部品刃物
主要設備 ロール鍛造機、鍛造用自動加熱回転炉、連続熱処理炉、浸炭窒化熱処理炉、刃物自動研磨機、四連平面研磨機、バレル研磨機
本社・工場 高知県香美市土佐山田町栄町3-15
海外工場 蕪高産業有限公司(中国・蕪湖市)

経歴

1919 初代 穂岐山時衛、刃物問屋、穂岐山営業所創業
1941 穂岐山工作所と名称変更、包丁、鎌の生産開始
1957 穂岐山刃物株式会社に改組(資本金1500万円)農機具用機械部品刃物の生産開始
1961 前社長 穂岐山駿二、代表取締役に就任
1967 現在地に本社および工場新築移転
1975 ロール鍛造による各種刃物製造技術開発を進める
1980 台湾に家庭用包丁製造プラント輸出
1985 韓国に家庭用包丁製造プラントを輸出、ソウル連絡事務所開設
1986 京セラ株式会社と提携、セラミック包丁の生産開始
1987 中国(広州)に中華包丁の製造プラントを輸出
1991 中国蕪湖市経済技術開発区への合弁企業進出プロジェクトを着手
1992 資本金を3500万円に増資
1994 蕪湖市に合弁工場(蕪高産業有限公司)完成、操業開始
1998 合弁工場における中国出資株を全額取得、蕪高産業有限公司を日本独資企業とする
1999 本社工場に400tonスクリュープレスを設置
2002 ゴルフクラブ/ドライバ用鍛造フェイス部品製造開始